カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

Sony Nex-7

SONYから、4つ新しいカメラが発表された。
α77,65、Nex-7Nex-5N


この中で、Nex-7は、超ほしいカメラになった。
単なるなんちゃってレンジファインダーカメラではなく、これ、名機です。絶対。
富士フィルムのX100が、完全なるフィルムの再現をデジタルでする名機なら、Nex-7は、アンリ・カルティエ・ブレッソンの写真テクニックを完全にカバーできる道具としての名機。そう感じました。
なにせ、デジタル機械でありながら、操作がアナログ感覚。これが今までのカメラになかった。これで、絞りとシャッタースピードISO感度を、レンジファインダーみながら、右手だけで操作できる。道具として、このアナログ的感覚に対応するべく機能は不可欠だったのに、今までのカメラときたら、メニュー出して、スクロールしてと、馬鹿なことをしたり、スイッチ押して、一つのダイヤルに2,3の機能を担わせたり。ダメダメでした。
で、雰囲気がいい。銀色だったら、まさしくライカとか、NikonSPです。αマウント用の新器具も出るようですし、もう、最高!!!
今時ちょっと高い15万円オーバーらしいけど、買いですね、これ。久しぶりに「使いたおして、壊したろか!」と思うカメラに出会えました。
参考までに、下記URLから情報をとってください。
http://japanese.engadget.com/2011/08/24/nex-7/