カレーに納豆かけたら悪いか?

色々な植物の写真とコラムなどを書いています。植物写真は、ある程度の数をアップしたら1カテゴリーにまとめる予定。

この1年で観るようになったYouTubeチャンネル(続き)

お題「#この1年の変化

さて前回の続きです

 

4.人生に迷ったときに見る

 【ハッピーリッチ(更新終了してます)】  


【齋藤一人さん】#101「笑うが勝ち」どんなときでもいつでも笑顔でいる、これが本当の修行。貯金のコツのお話も。

 斎藤一人さんの音声講義を沢山聴くことができます。斎藤一人さんは実業家ですが、お話は人生を楽しく過ごすための知恵が沢山入っています。

 人生に悩んでいる人は、一度ぐらいは一人さんに書籍とかYouTubeを通じて出会った方もおられると思います。

 魂や神様の話もありますが、宗教家ではありません。一人さんは、こう言われています(笑いながら)「宗教は税金払わなくて良いんだよ。だけど俺は日本で一番税金払ってんだよ」。納税日本一の実績を持つ一人さんのお話、きっとお役に立ちます。

 

 

美輪明宏さんの過去のラジオ番組(更新終了)】


【美輪明宏】薔薇色の日曜日スペシャル〜愛の手引書2020〜

美輪さん、あの世の方なのか幻なのか、本当に一言一言がすごく重いが温かい。

うちの奥さん、美輪さんをあまり好きでないんです。おそらく心にグサって刺さることを平気で言われるので。まあグサって刺さるぐらいだから、自己認識はあるんでしょうね。

美輪さんのお考えは、本当に理性的。感情的な側面がよくテレビでは映し出されますが、いえいえ、これぐらい理性的な方はいらっしゃらないと思います。過去には男色家だとマスコミから攻撃されたこともありましたが、ただ博愛なだけ。現代はようやく美輪さんに少し追いついたんだと思います。SEXのことを「男の原子核の塊と女の原子核の塊が擦れ合っているだけのもの」、不倫の事は「世間が不倫だなんだと騒ぐなんてバカバカしい。何千年も前からそんなものは日常茶飯事。騒ぎ立てるほどのことではない」。美輪さんは、そんな表面的なことより、魂的な意味合いを大切にしなさいと仰ってます。出会ってしまったものは仕方ない。秘密のままの方が自分も周りも平和なら、それでいいと。

ここでは語りつくせないので、動画を観ていただくか、美輪さんの書籍を是非お読みください。私も持っております。

 

5.ダイエット

 【MuscleWatching】


[動かず痩せる] 1日で-1.8kg!40代でも動かずに痩せれる魔法のストレッチ!

 この動画も有名ですね。1動画、大体30分。毎日コツコツ続けると痩せると思います。動画の主は、プロのトレーナーさん。食事管理のコツも知ることができます。特に女性にはお勧めですね。

 

田中理恵チャンネル】


田中理恵 Vlog.1「ママ、大丈夫?」

いつの間にか、ママさんになっていました。

しかし、このスタイル。そしてこの躍動感。現役時代と変わらない!本当にこれは凄いことだと思います。

ストレッチの動画もありますので、プロがどうやって運動しているのか、知ることができる貴重な動画です。是非、彼女の変わらぬ笑顔に出会えるこの動画を観てください。

 

6.アニメ

 【岡田斗司夫チャンネル】

 


【UG# 178】連載再開祈願!『HUNTER×HUNTER第1巻』解説 / OTAKING explains "Hunter X Hunter 1"

 アニメオタク評論家としてテレビでよく見かけていた岡田さん。

 ライザップで痩せたのも記憶に新しいと思います。

 アニメスタジオで働いていた岡田さん。そうなんです、彼はアニメーター出身です。ふしぎの海のナディアは、彼の代表的な作品です。

 その岡田さん、ご存知の通りガンダムから宮﨑アニメまで、色々と幅広く解説してくれますが、その視点がアニメーター視点でかなりマニアック。そこが面白い。へぇ、アニメーターからみたら、巨神兵ってそう見えるんだとか、EVAと宮崎アニメってそういう関係なんだとか、業界内の人でないとわからない話がバンバン出てきます。

 アニメ好きなら、一度は観てください。

 ただ、昔のアニメが多いです。このチャンネルでガルパンも働く細胞も解説を見たことがありません。そこが残念です。

 

 ああ、1700文字超えてしまった。

まだ紹介したい動画あるんですが、とりあえずここまで。

この1年で観るようになったYouTubeチャンネル

お題「#この1年の変化


【GUマストバイ】上下5000円以内でお洒落になれるGU最高かよ!

気がつけば、ダイヤモンドプリンセス号騒ぎから1年が経ちます。

新型コロナによって、こんなに世界が変わるなんて、逆に思ったほど世界が変わらないなんて思いもしませんでした。

今日のテーマ、「この1年の変化」ですが、私の変化といえば、YouTubeをよく観るようになりました。

かつては、時間が余れば趣味やお出かけ、DIYに時間を費やすものだと思っていたのですが、案外時間の有効活用は人間にとってストレスなのか、やる気がおこりません。

逆に、時間の浪費が増えました。その最たるものがYouTube鑑賞。

ただ、YouTube鑑賞で新たに得たこともあります。結構有益情報を見つけられるようになったのです。以下に私が発見した優良YouTubeチャンネルをご紹介していきます。

  1. ファッション
    ファッションのお勉強として、以下2つのYouTubeを観るようになりました。
    【MBチャンネル】


    【3つ覚えよう】世界一簡単な春服の着こなし術
    男性カジュアルファッションでは知らない人はいないMBさん。
    雑誌や単行本などでお馴染みの方も多いと思います。
    彼のお話は、ちゃんと理論があって、かつ視聴者目線でテンポよく進むので観やすい。かつ押さえておきたいポイントは、字幕でちゃんと出してくれるところが良い。彼のターゲットは30~40代が主ですが、40代以上の方でも(私はアラフィフです)応用できますので、普段着を少しお洒落に着こなしたい方は一度ご覧になられたらいいのではないかと思います。ちなみにMBさんは40代前半のようです。

    【スタイリスト大山旬チャンネル】

    【ユニクロ】定番チェスターコートの着こなしをスタイリストが徹底解説!
    大山旬さんは、このブログでも何回かご紹介しています。定番の着こなしを丁寧にお話いただけるので、初心者には非常にわかりやすいと思います。書籍も数冊出されていますが、基本的に彼が仰っている内容はぶれないので、どれから観ても読んでも彼のメソッドが理解できます。ベースはユニクロで揃えて、アウターはセレクトショップ。この基本を視聴者のお財布加減も踏まえながらご紹介いただけるので、ファッションに興味のない方は、MBさんを観る前に大山さんをご覧になられた方がいいのではと思います。私の推薦スタイリストです。特に40代後半以上の方には超おススメです。

    このお二人以外にもスタイリストの動画は幾つもありますが、ちょっと尖がっていたり、攻撃的だったり、個人的にはあまり好きではありません。最初は大山さん、次にMBさんと進んで、そこからはご自身のお好みでご覧になられたらいいと思います。

    〇大山さんの書籍



    〇MBさんの書籍






  2. クルマ
    モータージャーナリストの方が最近、沢山YouTubeに参戦してきております。雑誌と違い、原稿の締め切りという時間的制約や掲載内容の縛りなどジャーナリストの表現が制約される空間から、時間も表現も制限が少ないYouTubeという自由な時空へ飛んできているのも今の時代らしいですね。

    【E-CarLife 五味やすたか(康孝)さん】


    【世界初公開】ホンダ 新型 ヴェゼル ついに登場!! 気になる内外装を実車で速攻レビュー!! HONDA VEZEL E-CarLife with 五味やすたか

    元レーサーの五味さん。試乗しながらの生インプレッションでは、ついつい(わざとかも(笑))本音が飛び出しますので、観ていて面白いし参考になります。言いすぎたなと自覚した時は、「このチャンネルは僕の独断と偏見の内容ですので」と注釈を入れられるところなんて、好感度です。
    おそらく彼は、今の日本車はどれを買っても合格点だと基本的には思っている方だと思います。ただ、それだとジャーナリストとして仕事をしていないので、重箱の隅をつつきます。逆にこれはダメ!と思ったときは、メーカーの今後の奮起に期待して厳しいコメントを言っていますし、彼の偉いところは、その内容をちゃんとメーカーに直接伝えているんです。車の基礎知識など少しある方は、このチャンネルから各車の評価を得られます。おススメです。

    【LOVECARS!TV! 河口まなぶさん】


    ホンダ新型ヴェゼル/VEZEL が世界初公開!! LOVECARS!TV! 河口まなぶ が詳細解説!

    この方のインプレッションは、非常に丁寧です。お喋りもわかりやすい。あまり感情的な表現は使わないので、どの車の評価をみても良い部分と改良すべき部分を知ることができます。そして裏ワザ的な楽しみ方は、なんと五味さんがよく登場するんです。この二人は本当の仲良しなんだと思います。また河口さんは本当に良い人なんだと思います。誰にでも好かれるんだろうな、女性にもモテルんだろうなと思います。紳士ですね。車が全く分からないけど、新車とか外車が欲しいと言う方は、河口さんからご覧になられたら良いと思います。

    【ワンソクTube】


    【2020年買ってよかったクルマ】ワンソクTubeが選ぶ今年のベスト愛車 1位と2位は? | フィット・ハリアー・レクサスRX・アウディQ3・レクサスIS・ディフェンダー・メルセデスGLBなど

    この方、顔出し名前だし禁みたいですが、河口さんはご存知の方みたいです。この方の凄いのは、本当に車を買っちゃうんです。そして長期間乗って評価するんです。個人だと思うのですが、すごいです。毎年10台ぐらい買っていらっしゃる。本人も言っていますが、キ〇ガイです(笑)。
    おかげで車の評価は本当に信頼できます。そのワンソクさん、視聴者に大いに支持されていまして、ワンソクさんが乗っていたマツダ3を視聴者に個人売買しちゃったこともあるんです。普通はヤベー!と思いますが、売買前の車の状態を丁寧にYouTubeで紹介し、そしてその納車前の車の整備までYouTubeで紹介してしまいます。本当に「身を挺してのユーチューバー」だと思います。この方を知るまでは、ヒカキンさんが一番凄いと思っていましたが、ワンソクさんもかなり凄い、というか、年間いくらお金使ってんだよ!と思います。ベンツとか普通に買ってしまいますし。
    今、具体的にこの車が欲しい!という方は、ワンソクさんのチャンネルを観ることをオススメします。役に立つこと間違いなし。

    【モーターマガジンMovie 竹岡圭さん】


    竹岡 圭の今日もクルマと・・・ホンダN-VAN Test Drive

    この方は有名ですね。日本自動車ジャーナリスト協会副会長で、おぎやはぎの車の番組にも出ておられます。女性目線からのクルマ選びには絶対外せない方です。男性ジャーナリストは主に走りやメカニカルの話が多いですが、竹岡さんは、室内環境、小物入れなどのインテリア、乗り降りのしやすさ、ベビーカーの積み下ろしや老いた家族の乗降など、他のジャーナリストとは違う目線で多くを語っていただけます。なお、竹岡圭さんファンが沢山いるようで、コメント欄では「圭ちゃん」と呼ばれています。所属は人力舎ですって。

    この方たち以外にも、藤島知子さんとか、「クルマでいこう」でおなじみの岡崎五郎さんとか、色んな方がいらっしゃいますが、YouTubeで見るならということで、以上の4名を推薦します。


    tvk「クルマでいこう!」公式 マツダ MX-30 2021/1/10放送(#662)


    【番外編 あかでみっくモーターカレッジ】


    【秘】駐車のコツ・車庫入れをプロレーサーから学ぼう!バック駐車。国際レーシングドライバーが語る教習所では教わらないこととは?!

    おそらく関西の、神戸付近で自動車整備店を営んでいる「杏仁さん」という謎のオジサンが、クルマの事を色々と素人にもわかりやすく教えてくれるチャンネルです。2020年4月ぐらいからアップされているので、まだ1年ちょっとですが、すでに5万人がチャンネル登録しています。
    とにかく面白いですし、街中の「色んな大人の事情をしっているけど怖くて話ずらそうな整備工場のオジサン」が赤裸々に語ってくれるので、勉強になります。中古車選び、新古車選び、ちょっと車をいじりたい方などは一度ご覧ください。ハマりますよ。ちなみに、動画の最後には、出演者一同で焼き肉を食べに行こう!と必ずなります。肉は男の活力源ですからね。

    さて最後に・・・
    レンタカーを借りてきて、好き勝手に言いまくる自動車評価ユーチューバーがいます。新車をボロクソに言っているのを見かけますが、そんなにボロクソに言うような車は、もう日本にだって中国にだってない。ボロクソに言えば視聴数があがり広告収入が増えるんだと思いますが、消費者に恣意的な、尖がった部分だけの情報を与えていると思います。それに頑張って作っているメーカーさんに失礼です。車内の静粛性が低い!といって最悪だという人もいますが、ドライバーにとって車外からの音は騒音ではなく、自身の車が置かれた環境(出しているスピードとか路面状態とか近寄ってくるクルマとか)を教えてくれているわけです。そこはメーカーの考え方や車のカラーによって考え方が違います。そういうことを棚に置いておいて(彼らはわかっているつもりだろうけど、多分わかっていない)、ボロクソに言いまくる。私は感心しません。若いユーチューバーに多いと思います。私はYouTubeにもTwitterと同じように不愉快なサイトはブロックできる機能をつけてほしい。皆さんがご覧になるのは自由ですが、私はおススメいたしません。

  3. BGM

【BGMchannel】


Morning Cafe Jazz - Piano & Guitar Jazz & Bossa Nova Music For Study, Work

これは定番中の定番ですね。ワーケーションする方や自宅リモートワークの方は、このチャンネルをかけっぱなしにしていると思います。またサブスクリプションの音楽サービスでも最近リリースされているようです。LINEミュージックには、カフェチャンネルが入っていたような気がします(似たものだったかも)

【潜在心理セラピスト wakanaさん】


🔵 あなたの深層意識へ働きかける★ブロック解除・サブリミナル音源★

最初はちょっと怪しげなチャンネル?と思いましたが、そんなことありませんでした。寝る時にこのチャンネルの番組をランダムチョイスして流しっぱなしにしています。即寝落ちします(笑)。あとイライラする時は、「チャクラ何とか」を選択して聴くと不思議と落ち着くんです。これ、おススメです。

おっと、4千文字を超えてしまった。

まだ紹介したいチャンネルが沢山あるので、次回の更新で追記します。次はお悩み解決編から・・・

 

ここで気を抜いてはダメ

お題「#この1年の変化

今週のお題「告白します」

f:id:tomhoo:20210219225045j:plain

PCR検査陽性率推移

f:id:tomhoo:20210219225119j:plain

東京都23区PCR検査等
  • 仕事柄、数値を見ることが多い癖で、このような資料をブログでアップしてしまう性でありますが、やはり統計は面白い
  • この一年、新型コロナPCR検査数の推移を見てきたが、どうも腑に落ちない思いを抱いている
  • 統計は、その母数の質が統計調査するたびに違うと、きちんとしたデータとして見ることができない
  • 一般的には、1千件以上の統計調査によるサンプル(母数)があれば、統計結果が統計を取るたびに大きく変わることはないと言われている
  • ただ、サンプルの質が調査のたびに違うと、当然、統計結果が大きく違ってくる。よって、経過観察が正しくできなくなる
  • PCR検査による陽性率は、まさにその状態である。陽性率がこうも上下すると、現在下がっている陽性率は、ウィルスの感染力が衰えたからなのか、それとも精度の悪い民間検査と精度の高い専門機関検査の割合の変化によって変わっているのかわからない
  • ただ言えることは、確実に陽性率は下がり、PCR検査を受けている人が減少し、そして23区内の治療者数が激減していること
  • ワクチン接種も始まったし、3月に緊急事態宣言が解除となり、3月末にGoTo事業が再開したら、昨年の夏~秋にかけての賑わいと気の緩みが国民全体に蔓延しそうだと感じる
  • 6月頃までにワクチン接種は一定終わるだろうから、その時までは今のレベルの陽性率をキープしておきたいものだ。オリンピックもあることだし

f:id:tomhoo:20210219230438j:plain

GNA

はやく旅行に行きたいな・・・・・

r.gnavi.co.jp

 

 

【更新】東京都心部と周辺地域の現在治療中者の数

f:id:tomhoo:20210211113343j:plain

2月10日東京都公表資料から作成
  • 全体的に治療者数は減少。緊急事態宣言の効果が着実に出ている
  • 世田谷区だけが治療者数は多いが、それでも1月21日時点より4割減少
  • 緊急事態宣言解除は2月末まではないと思われるので、暖かくなる春先には一定落ち着くだろう
  • しかし感染者が少なくなると、急に医療崩壊を唱えていた人たちが黙り込む。医療従事者の味方をするんだったら、今こそ現状を伝えるべき。皆、疲弊しているはず

お題「#この1年の変化

お題「手作りしました」

 

【更新】陽性率&東京都心部周辺地域の治療中者数

f:id:tomhoo:20210203082924j:plain

鮎屋の滝

f:id:tomhoo:20210206114136j:plain

2/5厚労省公表資料を基に作成

f:id:tomhoo:20210206114230j:plain

2/5東京都公表資料などを基に作成
  • いつも統計データがトップばかりだと気分が滅入るので、今日は滝の写真を掲載。清涼感あっていいかも
  • 緊急事態宣言効果で陽性率も下がり、東京都の治療中者数も2週間前とくらべて4割ほど減少
  • 3月上旬まで緊急事態宣言下での行動を心がけたら、昨年10月前半ぐらいの状態に戻るのでは?
  • 今回の緊急事態宣言は、夜の街をターゲットに行われた。これが結構効果的だと冷静に見るとわかる
  • アルコールを飲んで理性が薄れてくると、日常の衛生管理などおろそかになり、人の顔に唾とばすような話し方も頻繁に行うが、これが感染拡大の一つの原因であったと思って間違いなさそう
  • コロナ対策のおかげで例年苦しめられるインフルエンザ流行対策の肝が分かったような気がする
  • 最後に、心が落ち着く写真を掲載!

f:id:tomhoo:20210206115131j:plain

シンビジウム

f:id:tomhoo:20210206115203j:plain

f:id:tomhoo:20210206115243j:plain

鉄板焼きは密らない(笑)

お題「気分転換」

お題「手作りしました」





おっ!【更新】東京都心部と周辺地域の現在治療中者の数

f:id:tomhoo:20210128223534j:plain

PCR検査陽性率推移

f:id:tomhoo:20210128223613j:plain

23区治療者数推移
  • 緊急事態宣言後、PCR検査数は上昇するも陽性率は5%台へ低下
  • こんなに陽性率が一度に低下するなんて、PCR検査の大半をしめる民間検査機関の検査対象者レベルにばらつきがあるのでは?
  • どちらにしても、変種型蔓延とまでは言えない状態と思われる
  • 23区は相変わらず世田谷の現在治療中者数が多い
  • 今回は1月10日時点からの増減をわかりやすくするため、その増減を折れ線グラフ化してみた
  • すると大半は治療中者数が減少しているのに、世田谷、杉並は高いし、北と葛飾も高い
  • 世田谷はずーっと高いし、治療中者数がどんどん増えている。やはり何かあるんじゃないか?

    お題「手作りしました」

メディアの皆さん、頼むから釣り広告はやめてくれ

緊急事態宣言再発令後も、テレワーク比率は22%にとどまる、政府要請目標には遠く及ばす

(1/22 Yahoo!ニュースの見出し)

👇日本生産性本部HP記者発表記事

5. 働き方の変化:テレワーク実施率に大きな変化はないものの、継続を望む声は最多(図33~43)

  • 雇用者全体のテレワーク実施率は統計的に増加したといえず2割程度で安定しているものの(図34)、1都3県では32.7%が実施(図35)、職種別では専門的・技術的な仕事で10月調査の22.8%から36.3%に増加(図37)
  • コロナ禍収束後もテレワークを行いたいかについては、「そう思う」が34.7%と10月調査の26.0%から増加テレワークを望む回答は76.4%(「そう思う」「どちらかと言えばそう思う」の合計)で、過去4回の調査で最多(図42)
  • ・一方、新型コロナ収束後の働き方や生活様式について、コロナ禍以前の生活様式に回帰するとの見通しは10月調査とあまり変わらず、変化には依然として懐疑的(図43)

日本生産性本部HPより抜粋)

  • 嘘じゃないけど、このレポートの要諦が読めないし、単なる政府批判の見出しになっている。こんな釣り方しないとアクセス稼げないのか?
  • もっとひどいのはAERA。彼らには記者としての誇りとか使命はなくなったのか?

 

topisyu.hatenablog.com

 この記事を読んで、私はこう思いました。

子宮頸がんワクチンの報道でやらかしたのに、新型コロナワクチンで「医師1726人の本音「いますぐ接種」3割」って朝日新聞出版に反省はないの? - 斗比主閲子の姑日記

私たちはこういった無責任なメディアを粛々と排除しないといけません。一番の手法は、彼らの手口に乗らない事。決して物理的、または感情的な攻撃はせず、ただ買わない、ただ話題にしない、ただ無視しましょう。

2021/01/22 20:48

  •  本当に最近のメディアは、以前に増して無責任になっているとおもいます
  • すべてのメディアが週刊文春化しているように感じてなりません
  • 正義もクソもなくなっている
  • 特にインターネットの普及でメディアが多様化し、短い文書で目立ってクリックしてもらえることが、ビジネス的に成功していると捉える人たちが増えてきたんだと思います
  • ミダス王の黄金の手と同じ。そのうちメディアは気付くと思います。そしてメディアに踊らされた我々も
  • でも、きっとこれは私たちが学ぶために用意された学習プログラムなんです。私たちは今、こういった環境を良化していく道筋を学んでいる途中なのかもしれません
  • メディアが悪いんじゃないんです。メディアも私たちも、ただ学んでいるだけなんです
  • そう思うと、私はこう考えるようになりました。そうか、メディアから距離を置こうと。メディアを利用しなければいい。利用するにしても、きっと何か間違ったことが書かれているかもしれないから自分できちんと調べようと
  • 昔、旧ソ連の国民は、国営メディアの報道の半分しか信じていなかったそうです。私たちは民主国家で暮らしています。でも、きっと見え方が違うだけで、問題は同質なのかもしれません
  • ただ、最後に言わせてほしいのは、「メディアの皆さん、頼むから釣り広告はやめてくれ。それで迷惑する人が大勢いるんだよ」

    お題「気分転換」