カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

時代遅れだし失礼極まりない無神経な発言だ。

朝日新聞(web版2010年2月26日付)
石原都知事「銅メダルで狂喜する、こんな馬鹿な国ない」

 「銅(メダル)を取って狂喜する、こんな馬鹿な国はないよ」。東京都の石原慎太郎知事は25日、バンクーバー五輪の日本選手の活躍に対する国内の反応について、報道陣にこう述べた。
 同日あった東京マラソン(28日開催)の関連式典のあいさつでも同五輪に触れ、「国家という重いものを背負わない人間が速く走れるわけがない、高く跳べるわけない。いい成績を出せるわけがない」と話した。

 選手一人一人は、それぞれの目標をもち、私たちの想像を絶するような訓練を日々行っている。
 私たちは、ただその努力の結果をテレビなどのマスメディアを通じて、また会場で見て感嘆するだけである。
 誰もが金メダルをとれるわけでない。特にオリンピックは通常の世界戦とは違う雰囲気を持っている。その中でうけるプレッシャー(周りからの期待、そして自分自身の達成すべき目標に対する恐怖や不安)に打ち勝ちながら、どの選手もすごい努力している。あの、スノボーの兄ちゃんですら、絶対これだけは間違いなく、彼のバックグラウンドにこれがある。

 石原慎太郎という人は、それをわかった上で言っているのだろうか。
 知っているとすれば、喧嘩を売っているとしか思えない。
 大体、世界市民社会がようやく日本でも謳われ出した現代、国籍なんて意味がないといって出身国以外の国から出場した選手が珍しくなくなった今、こんな発言は都民としても恥ずかしいに違いない。こんな人が知事なら、東京でオリンピックは絶対開催できない。この人は、元来ヒューマン主義者ではなかったのか?

 

 かつて大日本帝国陸軍の現場を知らない幹部が、ゼロ戦の後継機種の製作者に、装甲を薄くしてより機動力を向上させるように言った際、パイロットの命を守れないので良くないといったことに対して、「撃ち落とされるのは、大和魂が無いからだ」と一喝したらしい。
 ばかばかしい話だ。大和魂で死なないなら、あの神風の犠牲者たちはなんだったのだ。大和魂がないから特攻したのか。
 こういう無神経で無責任な発言は国を滅ぼす。先の大戦で証明された事象の一つである。
 
 この石原氏の発言もこれに近い。日の丸を背負えって、背負っているかどうかなんて、独裁者が感じて判断する以外、誰にもできない。その人の態度でわかるなってこというが、数多のパーソナリティを全て把握し、その上でその人の信念を探ることなんて、お釈迦様でも簡単ではないだろう。

 シーシェパードのおっさん連中といい、石原氏といい、全く自己主張するだけの人は他人に歩み寄ろうとせず、結局それが周りの迷惑になるし、自分のためにもなっていないことに気がつかない。こういった人には、どう対処したらいいのか、ホトホト困ってしまう。最後は相手にしないようにするしかないのだろうけど・・・。