カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

なぜ、弱者を痛めつけるのか

このニュースをご覧いただきたい
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110421-OYT1T00520.htm?from=nwla
おそらく、一部の事だと思いたい。
しかし、氷山の一角かもしれない。
今、彼らを排除したい理由は何か?
人を救うのは、人しかいない。
あなたは、福島の人達の立場にたって、今回の災害を考えたことがありますか?
先日、管総理が避難所回りをしたとき、避難者から挨拶がないと怒鳴られて謝罪していた。
テレビは、管総理の失態とばかりに克明にTVに映していた。
これを見たあなたはどう感じましたか?
私の感じたもの。
おそらく、私が管総理と同じなら、同じ失態をしたかもしれないという反省の念。
東京の計画停電を、心から許容できている人はどれぐらいいるだろうか。
利便性や経済発展は、人々を豊かにしたが、同時に心を貧しくした。今回、改めて感じた。
福島の人達が置かれている状況は、恐怖と疲弊と怒りと悲しみと絶望しかない。
どこに行っても、拒絶されるかもと思う人も沢山いるだろう、特にこんなニュースを見たら。
被害者の立場から完全に物事を理解して、感じて、彼らの視点から私たちは何をしたらいいかを考えないといけない。
しかし、それは難しいことでもある。目の前に平穏な日常しかない人達にとってはなおさらだ。
今回ニュースで取り上げられている事件は、幼稚なこどもの行動がきっかけとなっている。
だが、こどもは大人の鏡という。
つまり、こどもの親の真似をして、このような幼稚なことをするのだ。
自分の家、家族、村、町だけの事を考え、それを“汚したくない”という気持ちを、多くの大人が持っているのではないだろうか?
しかし、それはあまりにも幼稚だ。福島の事は、福島だけの事ではない。世界中の人達の事故なのだ。そう世界の人達は感じている。だから、こんなにも支援に来ている。一部帰国命令があったと言われているが、それも幼稚な行動。理性と知識がある人なら、今回の事故は、センセーショナルだけど、気をつけるべきレベルであって、逃げ出すほどのレベルでないことを知っている。多くの知識人が日本に留まっているは、それが理由だ。
自分のまわりだけ見ている人の目は、超近視眼である。だから、本当のことがわからない。だから、“わからないものを拒絶する”ことで自分を守ろうとする。それが子供にも伝播して、こんなアホな事件が起こる。
今の社会は、地域性の区切りはあっても、実質ボーダレス。それは福島も同じである。
ボーダレスの中で、他者を拒絶することがどんな結果になるか、わかりますか?
最終的に、自分の事しか考えない人は、他者との交わりができないから、超孤立してしまう。孤立したら、今の世の中、困ることばかりだ。
今日の管総理のTVでの失態。これは、被災者以外の日本人が反省すべきことである。管総理の失態をみて「けしからん」と思った人は山ほどいるだろう。しかし自分だったらと真剣に考えてみてください。
おそらく、同じ失敗をしたでしょう。なぜか、あの訪問は完全なセレモニー。だから、まるで天皇陛下のお見舞いのような振る舞いを、管総理はしてしまった。だから、福島県民はおこったんです。解ってないじゃないかと。
これ、貴方だったら、こんな失敗しませんか?
しないと言った人、本当ですか?
避難所に行ったことありますか?避難所で過ごしたことがありますか?1カ月も、プライベートスペースのない劣悪環境の中で過ごしたことがありますか?避難所での避難者同士のけんかや騒動に嫌気がさしたことはありますか?家に帰るなと行政権によって強制を受けたことがありますか?あと、半年以上、家に帰れないと宣言されたことはありますか?疎開先で、いやな言葉をかけられて、陰で泣いたことがありますか?なにより、大好きなふるさとを追われ遠くで過ごし、ふるさとを思って泣いたことがありますか?

私たちは、管首相の失態を見て、自分自身のことのように反省しないといけません。
彼は、普通の人です。悪いけど、大物政治家ではありません。パフォーマンスは好きだけど、パフォーマンスが下手です。
きっと、あなたと同じです。役人から、こことここを視察して・・・って言われたら、その通りに動く人です。
だから、あなたも同じ行動をとる可能性があります。
つまり、福島の事はTVで知っているけど、本当の苦しみや悲しみ、怒りは、東京に過ごしていたら絶対にわからないのです。
当事者にしかわからないのです。

だから、わかるように、まずは学習と理解できるように取り組みましょう。
福島県民になって、今、何ができるかを考えましょう。
そして、福島県民のこと、宮城県民のこと、岩手県民の事、このたびの地震で被害にあわれた多くのかた、犠牲になった数多の御霊のことを常にこころに留めておきましょう。過去のものにしてはいけません。INGです。ずーっと続くんです。ずーっと彼らに寄り添って、彼らを支援するんです。しないといけないのです。

ということを、このニュースを見て思った。
貴方は、どう思いましたか?