カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

姫路城さくら満開

今日の姫路城は、本当に沢山の観光客でごった返していました。
朝9時の段階で、天守閣に入るのに30分待ちになる程でした。
近くの駐車場で見る車を見ると、北九州、尾張小牧、多摩、福島など、全国各地から集まっていたようです。

それもしかたありません。今年の5月以降、リニューアル工事に入る姫路城と桜がセットで見られるのが、この4月だけなのですから。
桜が散った後は、4,5年、そのセットで楽しめなくなります。

だから全国から人が集まってくるわけですが、それに加え、姫路とその近辺の人たちにとっては、花見場所として長年親しまれている姫路城ですから、今日は本当にごった返していました。姫路城の前には天守閣を目指す長い列・・・そして姫路城の麓では、花見をするため場所取りをする人々・・・。はぁ、凄い人でしたわ。

特に世界遺産ですから、当然、海外からもやってきている訳で、私が見るところ、お城が大好きな北欧、西欧、中東、東アジア等など、色んな方が沢山きていました。そして、花見で一杯・・。もう大騒ぎです。
で、どれぐらい来ているかと言うと・・・したの自家製パノラマ写真を見てください(見づらい方はクリックして大きくしてください)。


右端が姫路城の入口で、左端が大手門。
真中を貫く桜色の木が、桜。そしてその下に続くのが・・・入場待ちの人々。
花より団子、というより、花より人間!って感じだ。