カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

またもや緊急地震速報で目覚めて寝られなくなったので、PhotoDirecterで背景ぼかし処理を試みたのだった。

いやー、ぼかし作業は難しいわ"(-""-)"

f:id:tomhoo:20140712073006j:plain

昔撮った写真を整理していたら、小学校の運動会の写真が出てきました。

これ、よくあるんですが望遠レンズで遠くのものを撮影すると、圧縮効果もあって全部がギュッとボケずに写ってしまう。困ったもんです。

で、一丁、PhotoDirecterで背景ぼかし処理をしようと考えたんです、どうぜ、地震速報で目覚めて眠れなくなったし。

 

f:id:tomhoo:20140712073423j:plain

まずは、編集のタブからエフェクトを選択。エフェクトには、白黒、セピア、色かぶり、ぼかし、の4つの機能がありますが、今回はぼかしを選択。

f:id:tomhoo:20140712073615j:plain

まずは、ぼかしの度合いを決めます。初期設定は、ぼかし量50になっているので、スライダーで加減していきます。画面は68。

そして、ぼかしを削るためのクリーナーブラシを選択し、ボケた部分のうち、くっきりさせたい部分を削っていきます。

f:id:tomhoo:20140712073841j:plain

画面をみたらわかると思うのですが、ボケの量が大きいと、「縁取り」も太くなってきます。ぼかし度は初期設定の50以下が適当だと思います。でないと、不自然な写真になってしまいます。ちなみに、ボケの縁取りもクリーナーブラシの加減をうまく使えば、気にならない程度に処理できるんですが、結構手間がかかります。

f:id:tomhoo:20140712074052j:plain

写真は、縁取りが気になったので、クリーナーブラシをかけた後で、ぼかし度を下げてみた状態です。68から49まで下げました。大分、自然になりました。ブラシをかけてからぼかし度を変更できるのは、結構便利でGoodです。

f:id:tomhoo:20140712074229j:plain

で、今度は、レイヤー機能を使って、ぼかし処理をしました。まずは、主人公を切り抜いてPNG保存します。※やり方は、過去の記事を読んでください。

f:id:tomhoo:20140712074332j:plain

そして、ぼかし処理した画像に合成します。しかし、元画像と違う形式で保存されるので、合成するために読み込んだら、元画像より小さくなった画像が挿入されるんです。なので、大きさを合わせるのに結構苦労するんですよね。

f:id:tomhoo:20140712074642j:plain

これが完成写真。なんか、微妙な仕上がりです。

ちょっと、背景のボケ量が多かったのかも。

どちらにしても、レタッチで画像加工しても、絶対的に限界があるってことですね。この写真も、ボケ量を少なくしたら、結構自然に見えるようになるだろうけど、やはり、写真は撮るときに、最大限の適正露出、適正構図、適正効果を確保していないと、いい写真にはならないということでしょうね。