カレーに納豆かけたら悪いか?

色々な植物の写真とコラムなどを書いています。植物写真は、ある程度の数をアップしたら1カテゴリーにまとめる予定。

今日はちょっとイジワル比較をしてみた。TIFFデータをPhotoshopとPhotoDirecterでそれぞれ読み込んで、加工せずにJPEG保存した画像を比較した。そうすると・・・・

今日は梅雨の合間とは思えないぐらい、さわやかな天気になったので、ちょっとイジワルなことをしましたぞ。

f:id:tomhoo:20140612230031j:plain

この画像は、PhotoDirecterでレタッチしたものだが、元の画像はPenで撮ったRAWである。これをあろうことか、TIFFに保存し直し、それをPhotoshopCS2とPhotoDirecterで読み込んで、レタッチ無しでJEPG保存した。

その結果は、下の画像のとおり。

f:id:tomhoo:20140614101301j:plain

あきらかに、Photoshopの方が画像劣化が少ない。というか、PhotoDirecterは、勝手にエッジがかかっているみたい。使い出してから、エッジが効いた写真になるなぁと感じていたが、そういう性質を持っているらしい。

このあたり、アドビは操作する人のターゲットをハイクラスも見据えているので、デリケートな処理を基本に設計しているんだろうと思う。

これをみると、PhotoDirecterの性能が悪いように思うが、こういう性質だと思って処理をすれば、まあ、使えないことはないかと思ったりする。PhotoshopEllementsの操作感覚で、PhotoshopLighitroomの機能が使えるんだから、レタッチ入門ソフトとして使うなら、良いのかもしれない。安いし。