カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

Żubrówka

ズブロッカ

ズブロッカという。ウォッカの一種で、バイソングラスという芳香のある草を漬け込んでいるお酒で、シナモンのような香りがする。
匂いが強いので、ストレートで飲むのには、少し慣れが必要かもしれない。このお酒は、THE YELLOW MONKEY の「聖なる海とサンシャイン」の歌詞にも登場する。

私、このお酒をつい最近まで知りませんでした。
この間の金曜日に、神戸元町にある隠れ家的ショットバー「OTO GA RI A」でカクテルにして飲みました。
店の入り口に、サタデーナイトフィーバー風の男の写真(ダソノマソみたいな)があり、そこに、「踊ろっか?ズブロッカ」とベタなフレーズが書かれたポスターがあったのを見て、ズブロッカに興味を持ってしまい、カクテルを頼んでしまったのだった。

ん?なぜ「しまった」と書いたかって?
それは、私はバーボン派だからです。浮気っすよね、いわば。
まあ、カクテル頼んだら、往々にしてウォッカは入ってしまうんですけどね。

ズブロッカのカクテルを生まれて初めて飲んだ感想を言いますと、

明らかに、バーテンダー(ちっと男前の元高校球児)の腕がmost上手かったからなんですけど、シナモンというか、いい風味が残った状態での爽やかな柑橘系カクテルで、非常においしかった。癖のある酒なので、調理が難しいと思うけど、インサイド高目からアウトサイド低めに落ちてくるカーブの様に、一口飲むと、虹のように味と匂いが変化していきました。うん、正直旨かった。

しかし、お酒の世界はまだまだ広い。もっともっと、夜の街で旨い酒に出会いたいものです。