カレーに納豆かけたら悪いか?

色々な植物の写真とコラムなどを書いています。植物写真は、ある程度の数をアップしたら1カテゴリーにまとめる予定。

翔んで埼玉

f:id:tomhoo:20190223200138j:image

魔夜峰央

懐かしい名前です。

BLなんて呼び方がなかった時から少女漫画に堂々とソレを描きながら、しかしギャグ漫画。そのギャグも結構シュール。代表作は、パタリロ!

パタリロ!との出逢いは、通っていた習字教室で出会った同い年の、しかも生年月日まで一緒だった女の子、後々中学校でクラスメイトになった人のお姉ちゃんが、これ面白いから読む?って花ゆめを貸してくれたのがきっかけでした。

そのお姉ちゃん。高校の写真部の先輩として、後日再会するんですよ。ある意味、すごい運命。今度出会ったら、不倫したりして(笑)。

f:id:tomhoo:20190223200815j:image

さて、その魔夜峰央先生の伝説の漫画が映画になるって知ったのは、2日前。

テレビのエンタメ情報で、GAKUTOが出演するってのが話題になっていました。

その話題より、私はあの漫画を映画にするなんて!という驚きというか、ある意味ワクワクする恐怖を感じるというか。埼玉県民、暴れるんじゃないの?と思ったりしています。

実は魔夜峰央先生にまつわる話が一つあります。

今は「半分青い」の鈴愛のように漫画家を辞めてしまったのですが、職場の知り合いの女性の友達が花ゆめに連載していたことがあり、その方が年に一度、東京で開催される白泉社の集まりで魔夜峰央先生に会った時の話をしてくれたことがあるんです。

パタリロ!の作者紹介に載っている魔夜峰央先生のお姿、雰囲気のそのままで、ワイングラスをグラグラさせていらっしゃるのがいつもの風景だったそうです。

私は漫画家ではないので、お会いすることは昔も今もないのですが、一度お会いしてみたかったですね。

最近あまり映画館で映画を観ることはないのですが、これだけはコソッとオッサン一人で観に行こうかなと思っています。

監督は、テルマエ・ロマエの監督。GAKUTOを招聘したのも監督の指示だとか。

いやー、楽しみです。観に行きますよ、これを。

f:id:tomhoo:20190223201849j:image

お題「今日の花」

お題「最近気になったニュース」