カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

服を買いに行くのが楽しくなったキッカケの本

今週のお題「今年買って良かったモノ」

随分と更新していなかった、Myブログ。

仕事が忙しかったのと、趣味のカメラを辞めたこともあり、ブログを更新する機会が減っちゃった。

さて、今週のお題ですが、私の中で今年一番「得した買い物」を書かせてもらう。

それは、これ!

 

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則

 

 これは、40代の方には絶対読んで実行していただきたい内容が詰まっています。

この本の著者、大山さんは、おそらく商売上手ではない。

なぜなら、この手の本で、きっちり○○の店ではコレをかって、○○はあっちのブランド・・・と、えっ、アパレル業界の人々の顔色見なくてもいいんですかぁ~って思うほど、正直なコーディネート術が書いてある。

基本はユニクロ。ちょっとしゃれっ気入れるのはGAP。アウターやバックはユナイテッドアローズとか、ちゃんと書いてくれている。

そして、何より洋服ダンスの断捨離が一番大切だと書いてくれている。

小生も、今月に入って、どれぐらい服を捨てただろう。靴も捨てただろう。そして、妻まで感化されて、断捨離しまくり。

そして、本当に気に入ったベーシックアイテムだけを残して、毎日をコーディネートしていく。

この本のおかげで、素人の身の丈の合った服選びができるようになったと思う。

何より、服を買いに行くのが、すごく楽しみになった。これは、今までの私の人生の中で、一番のイノベーションだった。百貨店やユニクロって、嫁の買い物のお付き合いの場所だったが、今は、積極的に店内をまわり、試着をし・・・。

この本に出合って、よかった。正直に、そう思う。

ちなみに、私は最初、この本を書店で見つけたとき、買うに及ばないが一度読んでみたいと思い、図書館で借りた。

しかし、読み終わった後、手元に置いておきたいと思い、書店に1冊だけ残っていたこの本を買い、週末ごとに読み返している。

40代の男性、女性とも、是非、一度は立ち読みでもいいから読んでください。