カレーに納豆かけたら悪いか?

色々な植物の写真とコラムなどを書いています。植物写真は、ある程度の数をアップしたら1カテゴリーにまとめる予定。

一番古いPCをWindows10へ移行してみました。

昨日、小生が持つ一番古いPC,日本HPのPavilion dm1をWindows10に

移行しました。

4年前に買ったPCなので、性能的にいかがなものか、とは思ったのですが、このPCでちゃんと動けば、昨年買ったダイナブックも移行しようと考えています。

移行までのプロセスと評価を以下に書きますので、移行を検討の方は参考になさってください。

1 更新プログラムのダウンロード

  うちは、プロバイダーが下り1Mbの最弱ケーブルTVネットなので、めちゃくちゃ時間がかかりました。ダウンロードに3時間はかかったように記憶します。普通の光なら、少なくとも1時間もかからないでしょうね。PCはスリープにならないように設定しておくこと。といっても、いったんスリープになっても、刻みながらもちゃんとダウンロードしてくれますので、ご安心を。

2 更新プログラムのインストール(プログラムの更新)

  結構かかりました。これも2、3時間程度かかりました。OS入れ替えだからしかたないのですが。ネット上では、更新失敗の話もありますが、私の場合は、すんなりといきました。これまで使っていたソフトも無事動いていますので、大きなトラブルはありませんでした。

3 Windows10の初見評価

  間違いなく、移行をすすめます。Pavilion dm1のosは7だったのですが、10の方が、明らかに操作は軽し、なにせグラフィックがきれい。osでこんなに変わるのかと思ったぐらいです。Macとは違う、なにか美しさを感じました。

  スタートボタンを押すと、タイルが美しく出てくるのも、良い印象。とにかく、PC触るのが楽しくなりました。

4 ソースネクストのセキュリティゼロ

  事前に新OS対応にしないと駄目のようなアナウンスが出ていますが、ウイルスチェックはしないものの、新OSでも一応動いています。OS更新でPCがちゃんと動くかどうかを確認してから、セキュリティゼロの更新をしたい方は、とりあえずOS更新してから考えてもいいと思います。ただし、その場合、ネットにつなぐ時は、細心の注意を!

 

以上、Windows10の移行についてでした(^◇^)