読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

若者よ!レンタヒーローを知っているか?

今週のお題「ゲーム大好き」

バブリーな時代だからリリースされたんだろうと思うが、なんとも大味なゲームだった。


【レンタヒーロー01】おっさんゲーマーがゆるく実況 - YouTube

 

発売は、1991年。メガドライブ用アクションゲームソフトとしてセガから発売された。のちに、ドリームキャストXboxにも移植されたようだ。

(これが、移植版)


レンタヒーローをプレイ その1 - YouTube

とにかく、設定が荒い。よくこんなの、発売したなって思う。

主人公は、色んな依頼を受けて問題を解決しお金をもらい、それでヒーローグッズをレンタルし、強くなっていく・・・。レンタル品で正義の味方ごっこができるという設定は、当時、斬新だった。ゲームのシステムを改良して、ストーリーをさらにコミカルにブラッシュアップしたら、スマホゲーム界でうける商品になるんじゃないかな。

ストーリーは、街で起こる色んな事件を、困っている人の依頼を受けて❝アルバイト❞として解決していく。そうしているうちに、巨大な組織の陰謀に巻き込まれ・・・。

詳しくは、Wikiで見てもらったら。

ストーリーは面白くない。しかも、アクションゲームなのに、ちょっとしたコツがわかると、難なく敵を倒せてしまうという、クソゲーの誉。ラスボスなんて、時間さえかければ、無傷で倒せるし。

ただ、そんな部分がなんとなく愛着を沸かせる。

昔のゲームなので、それほどプログラム容量が多くできなかった事情、あまりにも敵の動きが単純すぎて、アルゴリズムなんて使われてないだろうと思ってしまうぐらい。

といっても、ストⅡや餓狼伝説のようなゲームばかりはやっていた時代の中にあって、クソゲーの誉的な部分をかき消す「レンタヒーロー」という設定は、新鮮であった。

でも3日でクリアーしちゃったもんな、これ。やっぱ、クソゲーの誉だわ。


レンタヒーロー - YouTube