カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

画面から消したいものを、ポチッと一押しで消してしまう機能を使ってみようの巻き

オブジェクト除去機能を使ってみよう(^^)/

f:id:tomhoo:20140709220248j:plain

夏になると、こういう海岸の写真、撮りたくなりますよね。

で大概、海岸には余分な漂流物があって、写真撮ってから「はっ"(-""-)"」となるんですよね。

で、こんなときは、PhotoDirecterのオブジェクト除去機能が活躍する訳です。

 Photoshopにもある、この機能。電柱を消したり、人を消したり。

写真家の中で、使うか使わざるか、賛否両論ある機能です。

さて、使い方。

f:id:tomhoo:20140709220615j:plain

編集の中にあるコンテンツウエア削除というタブをクリックし、ブラシの″+″を選択し、画面のように除去したい部分を少し大きめに選択する。

そして、適用ボタンを押すと・・・・

f:id:tomhoo:20140709220858j:plain

きれいに消えました。何回かやるとわかるのですが、どうも除去部分の右上ぐらいからコピーして貼り付けているみたいです。もちろん、周りに同化するかどうかを、ちゃんとチェックしてからのようですが。

人ごみの中の1人を消そうとすると、大概、右側の人の顔がコピーされます。このあたりは、Photoshopはどうなのかな・・・小生、Photoshopの同機能を使ったことないので、なんとも言えないのです。だれか、教えてください(^_-)-☆