読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

伊豆の地震でラジオが騒いで眠れなくなったので、朝っぱらから、PhotoDirecter EXPERTでDirecterZoneのプリセットデータを使って、写真をアートしてみたのだ!の巻

はやく教科書つかってレタッチしてみたらいいと思うけど、プリセットデータつかって、写真をHDRしてみたら、意外に面白くて使えるということが、わかったのだ(^_-)-☆

朝、大きな地震があって目が覚めて、ちょっと眠れなくなったので、PhotoDirecterで遊んでみたのだ。

前号に書いたけど、PhotoDirecterには、DirebterZoneという会員サイトから、レタッチのプリセットデータが提供されている。

世界中の物好き達が、無料でデータを公開しているのだが、これが結構使えそうな予感がする。

ただ、写真コンテストに出すためのレタッチは、やはり自分で調整せざるをえない。他人のデータは、作品作成には、レタッチのヒントになるに過ぎない。

f:id:tomhoo:20140505064716j:plain

この写真は、5年ほど前に、淡路にあるウエスティンホテル内の中庭で撮影したもの。

カメラは、SONYのH50というコンデジだ。元データはJPEG。このままでも十分きれいなのだが、やはり、どこか眠い。普通のレタッチだったら、トーンカーブをイジッてコントラストを強くして、青系を強調することになるだろう。

 

○スカイブループリセット(ソフト内臓)

f:id:tomhoo:20140505072639j:plain

若干、青みが強くなった。しかし画面では違いが分かりにくいと思う。

このデータを手動でコントラスト調整すれば、結構いい作品に仕上がることだろう。

 

○DirecterZoneのgorgeousbeautyというプリセットデータ

f:id:tomhoo:20140505072507j:plain

 どこかの外国人(女性)が公開していたデータを使ってみた。

結構、いいじゃないですか。このままでも十分使えますわ。

 

○アーティスティック(ソフト内臓)

f:id:tomhoo:20140505072508j:plain

油絵のような仕上がりになった。この手の作品は、最近フォトコンでもよく見かける。

今の時代、ただ写真をとるだけではだめで、仕上げをどのようにクリエイトするのか。そこも求められているような気がする。

これも、手動で調整すれば、使えそうな気がする。

 

○小生の手動調整

f:id:tomhoo:20140505064845j:plain

ちょっとやり過ぎた感はあるが、ここまでやっても、画質の崩れは想定内だった。

 

まあ、3000円で購入※したソフトとしては、上出来ですね。

どうやら、使い込みできそうな予感がしてきたW.

※クリックすると、詳細ページへジャンプします