カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

都市伝説

面白いですね
話に間違いがあることを前提に、実しやかに自由に話される内容は、人間の脳ミソを刺激します
都市伝説って、大体、話を聞いたら直ぐに忘れてしまうもの
当時語られた内容は、ほとんど検証されないんですよね
そんなことを考えているとき、ユーチューブで、こんな動画が落ちているのを発見しました

2008年放送のものなのですが、いやー、テネンス・リーも若いですよね
当時流行ったジョンタイターの予言も、まあ、まったく当たっていなかったというのが、良くわかります(ライスではなくオバマが大統領になったし)
あと、昨年大接近するといわれていた、良くわからない星のことも、みんな忘れていると思いますが、動画をみて思い出したかたもいるんじゃないでしょうか

最近、この手の話になると元ハローバイバイ関さんが有名ですが、まあ、彼のは検証不可能な都市伝説が多いので、都市伝説テラーとしては、非常によいネタを拾っていると感心します
しかし、人はなぜ、こんなに都市伝説がすきなのでしょうか
人間の脳ミソは、未知のものを把握して自己防御のための準備をする傾向を持っているのかもしれません
未来を安全なものとするために・・・だから占いも何千年もこの世から消えないのでしょうね
すこし話が変わるのですが、最近、ちょっと気になる科学記事がありました
オーロラが起こる場所では、酸素が急上昇して宇宙に放出される・・・
数億年で数パーセントの酸素が宇宙に消えていく
地球はまるで、呼吸をしているよう・・・
びっくりしました
地球にあるものは重力でほとんどが地上若しくは地球圏に留まっていたとおもっていたのに
そして、これと同じ現象は、大気を持つ星で太陽風の影響を受ける星に全て起こっているそうです
土星木星も火星も金星も
宇宙はダークマター以外に、色んな物質で満たされている、そんな状態なのかもしれませんね
ということは、私が今まで考えている以上に、無重力で真空と考えていた惑星間空間には物質があふれかえっている(というか、電子とか原子とか)
これこそ、都市伝説以上に興味が持てる話のような気がします
事実は小説より奇なり といいますが、科学的事実は都市伝説より奇なり なのかもしれません

21世紀の大予言―ジョン・タイターvsジュセリーノ2大予言者対決!

21世紀の大予言―ジョン・タイターvsジュセリーノ2大予言者対決!

H.G.ウェルズの予言された未来の記録

H.G.ウェルズの予言された未来の記録

オーロラ―ウオッチング&撮影ガイド

オーロラ―ウオッチング&撮影ガイド