カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

マスク過剰反応症候群

★インフルエンザの猛威が続いていますが、みなさんは体調崩しておりませんでしょうか。最近テレビでは新型とか鳥、豚といった修飾語をつけずにインフルエンザと報道しておりますが、今A型と判定された方はおそらく新型に羅患しております。でも弱毒性なのでそんなに危険ではありません。多くの高校生や小中学校生は37度台の熱で終わったり、1日だけ高熱が出て終わりという状況が多いようです。しかも両親には何の症状も出ない。弱毒性だからでしょう。だからといって、体調が悪くなっての放置は駄目です。お亡くなりになった方もいらっしゃいますので、やはり症状があるときは病院へ行ってください。今年になって新型インフルエンザが話題となってから、よく見かけるのはマスク姿の方です。特に病院や電車、バスの中など不特定多数の方がいるエリアには、必ずマスク姿の方がいらっしゃいます。一時はマスクが街中から消えたこともありましたが、今はそのような事もなくなり、いつでも買えるようになりました。そんな中、最近目立ってきたのはマスク過剰反応症候群の方。特に電車の中でよく見かけるようになりました。電車の中でマスクをしないでゴホンと咳でもしようものなら、冷たい視線を浴びせた上に「おい!マスクぐらいしろ!非常識め!」と怒号を飛ばすこともあります。こんな人がいたら、電車も乗れやしませんね。
★この間はこんなことがありました。朝の通勤電車の中の出来事です。4人掛けの席には、マスクをかけた男性、私、女性の学生と型体の良い男性が座っていました。事は女性が自分のカバンを開けたところから始まりました。電車が動き出してすぐに女性は、カバンからアンパンとジュースを取り出し朝食を取り始めました。そこまでは良かったんですが、そのあとバックから取り出したのは薬袋。中からは数種類の薬が出てきて、女性はそれを最後にジュースとともに飲みました。それを観ていた隣の席のマスク姿の男性の眉間には、ミルミルしわができてゆきました。さてここからが大変です。隣のおじさんは、女性が風邪にかかったものと思い込み、しかもインフルエンザと決め付けたようでした。そして小声でぶつぶつと「マスクしろよ、マスク。マナー違反だ」と言い始めました。女性はマスクを持っていなかったようで、おじさんから顔をそむけて座っていました。おじさんは、ずーっと「ちぇっ」と言い続けていました。その時です。飲んでいたジュースが喉に引っかかったのか、女性は咳をしてしまいました。もう大変です。マスクおじさんの怒りが爆発。「なんでマスクしないんだ。非常識め。」怒鳴った挙句に女性をにらみ続けました。余りにひどい様子に、私はおじさんに注意しようとした、その時でした。
★隣の型体のよい男性が、大きな声で「ゴホン!ゴホン!」と咳をしました。さあ、ますますややこしくなりそうな状況になってしまいました。私はその瞬間、マスクと型体の対決が始まったらどうしようと考えました。やはり間に入って仲裁しようか、いやいや、こんなつまらないことで仲裁に入ったために怪我でもしたら、情けない。ん〜、寝たふりでもしようか・・・そう考えている間に車内の緊張感が一気に高まったその時です。マスクおじさんの方から大きな声が。        「ZZZ・・・」。おっさん、寝たふりしやがりました。なんじゃそりゃ。情けないおっさんや