カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

今日は久しぶりの有給休暇

なんという理由はないのですが、梅雨の中休みのような気分で今日は有給休暇をとりました。ここ一カ月、なんだかんだで気分良く休めていなかったので、今日はリフレッシュできました。そして、もっとリフレッシュしようと、この間かったソニーのH50をお供に散歩してきました。SONY デジタルカメラ Cybershot H50 (910万画素/光学x15/デジタルx30/シルバー) DSC-H50 S今日は、スッキリとした晴れというわけでなく、何とも悶々とした天候でしたので、蒸し暑く、そして空もグレー掛かっていました。さて今日は、本格的に初めて撮影する機会でしたので、ちょっと色々と雑多な写真を撮ってしまいました。
まずは、電線に群がる鳩の大群。光学15倍ズームなので、結構遠方からとったのにも関わらず、大きく撮れていました。まあ、この写真になんの意味もありませんが。
今度は、蓮畑。今から土の中で蓮根が大きく育っていくんですね。水の中には、蛙とかカブトエビとか沢山の水中生物が暮らしています。この写真を撮るとき、自動的にフラッシュがポップアップしました。なんでだろうと考えていると、逆光だったからみたいです。賢っ!
蓮畑の中に、カモがヒッソリ隠れていましたので、ちょっと失礼してワンショット。これは、最大ズームのデータから、さらに切り取ったデータです。ちょっと荒くなってしまいました。しかし、このカメラ。15倍ズームが付いていながら、ウエストポーチに入ってしまうんで便利です。一眼レフの解像度と表現力にはかないませんが、チョイ出かけの時の強い味方になってくれそうです。これから、ファインピックスf10とともに、楽しい写真生活をサポートしてくれる予感がします。
それはそうと。とうとう、私が待ち望んでいた本命デジカメが登場しました。OLYMPUS ミラーレス一眼 E-P1 パンケーキキット シルバー E-P1 PKIT-SLV オリンパス ペン!  いつか登場すると思っていましたよ、こういうコンパクト一眼が。昔々。オートフォーカスがまだ世に登場していなかった時代(キャノンのT80よりずーっと前)。ライカにあこがれていた小生は、いつかこの手のカメラを手に持って、一人旅しながら、フォトグラファライフを満喫する夢を見ていました。しかし、世はオートフォーカス時代に突入し、そしてデジカメへ。コンパクトカメラはあるけど、一眼レフもあるけど、ポケットサイズのコンパクト一眼がない!これが、本当に不満でした。ということで、小生の目標ができました。今日から写真撮りまくって、これが賞品になっているコンテストにだしまくってやる〜。そして、アイドリングストップ機能付きのアクセラに乗って、山へ、川へ、海へ、街へ、気ままなフォトグラファーライフを送るんだ〜。。。
現実は、きっと厳しいけど、こういう夢は持っておきたい。。。はぁ〜