カレーに納豆かけたら悪いか?

人生、仕事、感動した書籍について、写真とともにブログってます。

地球人の問題

今日一日、報道では洞爺湖サミットの話題が席巻した。
これだけ報道されると地球温暖化と食糧危機は、あたかも人類の最大の敵と感じる。
地球温暖化の主な原因は二酸化炭素の増加といわれている。
あまりにも繰り返して報道されたため、意識下に摺りこまれてしまったような感もある。
ソビエト連邦の国民は、国営放送の報道内容の半分ぐらいを疑ったと聞いたことがある。
本当はそれが正しい報道との接し方かもしれない。今日のサミットではアフリカ問題も取り上げられたが、報道ではアフリカの食糧危機と地球温暖化が密接な関係があるとされていた。
たしかに一面、それはいえるだろう。それにほぼ間違いないだろう。しかしこう思えるのは、報道された内容が知識のベースになっていることを考えると、怪しいものだとも考えられなくもない。
私も含め、地球人は思考停止しているのかもしれない。報道って嘘かも?と堂々と思えるような人なら、報道された事実を自らの目で確かめようとするはずだ。しかし、私はそうしない。正しいものだと前提してしまう。きっと横着な性格だからそうなるのだろう。
自分の問題と考えれば、きっとそういった横着もなくなるだろう。
小田実さんが、街頭演説でこういった。

今私の言っている問題は、貴方の隣の人の問題じゃないんだ。そして今訴えている私の問題でもない。これは貴方自身の問題なのだ。

まさに、地球人が前提として心に留めておかないといけない事だと思う。今アフリカで起こっている状況は、明日の貴方の問題となるかもしれないのだから。